レビー小体型認知症って?

ある日、父がレビー小体型認知症と診断されました。 介護の知識ゼロ。 とにかく頑固、自分のことしか考えない父。 モラハラ、暴力、大声で私と母を支配をしてきた父のことを覚書に書いていこうと思います。


拾いたばこの次に困ったこと。

早朝、父が我が家にやってくることが増えてきました。


早朝も早朝・・・

それは6時前だったり、5時だったり。
 

通常起きるのは7時過ぎ。
ギリギリまで寝てばばーーーっと用意して慌ただしく出かけるのが日常。


それが母に6時に起こされはじめ、
その雑音くらいでは起きれないほど疲れて寝ていると、


ある日突然。


ピンポーン!


犬は吠えるわ、人が来る時間まで寝坊してしまったと思って
慌てて飛び起きました。


咄嗟に時計を見ると

5時50分



一瞬大混乱。

朝?まさか夕方まで寝てしまってた??


その間も

ピンポーン!

ワンワンワンワン!!!

ピンポーン!ピンポーン!ピンポーン!!!


ワンワンワンワンワン!!!!



やばい。近所迷惑だ・・・

何事??

と慌てて飛び起き、インターホンのモニターを見ると父の姿が。




えええええ・・・

居留守を決め込もうか、と思って犬を静かにさせ息をひそめていると



ピンポーンピンポーンピンポーンピンポーン!!



ああ・・・これ出るまで鳴らす気だ。


仕方なくマスクをつけ玄関に出ると、マスクもせずすごい至近距離で


父が一言、「お母さんは?」


ええ・・・早朝叩き起こしてそれ・・・?


近すぎて恐怖で手で父を押しのけ
私「マスクもしてないのに近いねん。」
  入院してるって言ってるやん。」


父「えええ!!なんで!?」


(・・・うそでしょ。
このやり取りここ毎晩してるよね?)


私「あんたが心配かけすぎて心不全で救急車で運ばれたって
何度も何度も毎日毎日話してるけど。」


父「どこの病院!?」
イライラして怒鳴り始めます。


私「コロナで見舞いにも行かれへんって。」


(このやり取り何度目だ?
10日以上毎日毎日、何度も何度も伝えてるけど。

疲れ切って「お母さんは入院中です。」って張り紙までしてるけど。)


父「知らん!!
 用事があるねん。病院まで行くから。」
ドンドン大声になっていきます。



私「行くなら行けば。入れて貰われへんけど。
  早朝人んちのチャイム連打して近所迷惑やから
  玄関先で怒鳴るくらいなら帰って。」
 (どうせ病院知らんやん・・・)


父「何ーーーー!!
  お前はほんまに!!!」大声MAX


私「うるさい・・・近所迷惑でしかないから帰って。」
 (ドアを閉めました。)


母はやり取りをこっそり窓から見ていたそう。


結局、何やら大声出して帰ってきました・・・



この日、結局2時過ぎに寝たのにこれで起こされ
そのまま仕事に。


この日から数日これに悩まされる日が始まるのでした。



・・・眠いわ、しんどいわ。









----つづく。



にほんブログ村 介護ブログ レビー小体型認知症へ
にほんブログ村



認知症ランキング


とにかく父が嫌いで嫌いで仕方ない。


出来る限り関わらず、母の後ろに父が居るな・・・
くらいの感覚で視界に入れないようこの何十年過ごしてきました。

とあることがキッカケで昨年11月から父とだけ絶縁。


実家に行くときは父の居ない時間、母とは外で会う。
これを2月末の初めて認知症の 病院に行くまで続けていました。


それまでは漠然と、
もう会うことはないんだろうなーなんて思っていたほど。


母からの相談で認知症が始まっているかも、病院連れて行って欲しい
そうお願いされ、

仕方なく。
本当に仕方なく、約4カ月ぶりで会った父。


そこから怒涛の生活。


お風呂で転んだ時には起き上がらすために私の腕を掴ませ起き上がらせました。


言っちゃ悪いけど。

言っちゃいけないのはわかってるけど。





気持ち悪い。


起き上がらせ、部屋で服を着せるよう話したあと
すぐに洗面所に向かい掴まれた箇所から大幅にハンドソープで洗い流し。
除菌ウェットティッシュで何度も何度も拭きました。


それでも冷たく、濡れた手で掴まれた感触が取れず
数日悩まされました。


転んだのが3月。
今こう書くのに思い出してもその時の感触が蘇ってくるほど。


思った以上に嫌いだったんだなーとその時に実感し、
母のサポートにまわろう、と思ったのも束の間、母が倒れ自分が介護をすることに。


でも。
本当に直視できないんです。

直視したあと、数日は夢で父のあの目が出て来て飛び起きるし、
認知症が始まって以降は特に目つきも変わり、今まで以上に見れなくなりました。



部屋に入る時は使い捨てのビニール手袋2、3重にし、
マスクは絶対に外せず帰り際にマスクは交換して帰る。


これでようやく父だけが住む家に入ることができました。



転んだ翌日、

父は母に
「〇〇(私)は俺が死んだらせいせいするんやろうな。」
と話していたそう。


母は
「ほんまにそう思ってるなら転んでも助けにくるはずないやん。」
と話すと、


父は
「そうかな。そうやんな。」

と、話したそう。



今そんなしおらしく言われてもなー

嫌いだけど。

本当に嫌いだけど。


死んでせいせいするとかではなく。


別世界の人だと思いたい。
それだけのことされて来たから。

父の働いたお金で大きくなったのは感謝しているけど、
その後、あなたのせいで借金までさせられずいぶん恩は返してきたと思う。



会わなきゃ波風立たなくて済むんだから。

でもそうも言ってられないので仕方なく、してるだけ。




母に見させられない、
とは言え自分が見るには限界が来てると思う。






----つづく。



にほんブログ村 介護ブログ レビー小体型認知症へ
にほんブログ村



認知症ランキング


毎日毎日、ご飯を持って行くたび

「お母さんか!?」と部屋から大声で叫ぶ父。


日によっては何度も何度も答えるまで。


そんなに気になるなら起きて来なよ。
・・・起きてこられても困るけど。


動く努力もせず声を聞いてるだけで疲れが一気に出る。



最近はマンションのエレベーターのボタンを押すときになると
動悸がして汗が吹き出し、ストレスがかかっているのがよくわかるように。



 冷蔵庫には食べかけを入れていたことも多かったのに
この数日で全てのものがテーブルに放置されるようになりました。


どう食べれば1日でこんなに汚れるんだろうか。


相変わらずご飯は3~4合くらいを炊き続け、
冷蔵庫には入れないままの日が多く、内釜のままテーブルに放置。


今になって気付いたけど、これ内釜のまま食べてんだ・・・
だから放置されて夜になったらカピカピなんだ。


私が体調不良になった時のためにストックのつもりで置いてある
パックご飯、レトルト、カップ麺まで開封。


ストックの意味ない・・・
お金がいくらでもかかってくる・・・

でも隠して私が本当に体調不良になった時に探せないと困るし。


とうとう、パウチ状の犬のご飯まで開封されている日も。



ご飯を大量に炊いたり、
食に異常に執着があるよう。



一体昼間はどうなってんの。


ただ、そのまま食べれるものは全て開封したがるけど、
フリーズドライのお味噌汁は開封しても意味が分からないのか
そのまま放置されています。


カップ状のお味噌汁は作れるのにね。


フリーズドライは母がお湯を入れてたから自分で作ったことはないもんなー


何もすることがない今、食と母に執着してるんだろうな。



母を探し求めるなんて今更何言ってんだろう。
暴力、モラハラ、ギャンブル、浮気、アル中。

全て揃ったダメ人間で何度も何度も母を泣かせてきたのに。


自分から母を追い出し、チェーンを掛け入れないようにまでする人間に対して、
今でも自分に愛情があると思っているんだろうか。

どんなに自分に自信あるのさ。



機嫌のいい日に話すと、
父の頭の中では母の面倒を見ていることになっています。

なら、なぜ母が居ないんだと思いつつ・・・



母のことは毎日聞かれても10年一緒に住んでいた犬のことは
徘徊から帰宅、母が入院した以降から一切聞いて来ず。


どこに行くにも、止めても連れて出て、
なんなら自転車の前かごに置いて立ち飲み屋で飲んでいる姿を目撃して
激怒して。


自転車がこけたらどうするん?
ちょっと考えればわかることなのに自分のこと以外は考えられない父。

大通りを歩くのにもリードをぶらーんと長く持ったり、
「後ろから気付かず自転車が来たら。」
なんて想像さえつかないらしい。

注意しても聞き入れない。
母は怖くなって早朝の散歩以外で外に連れ出すのを禁止していたほど。


それでも昨年年末までは早朝散歩は行っていたみたいで
家でもよく名前を呼んで可愛がっていたのに。


話したくはないので聞けず。
聞いて「ん?」みたいな反応されても怖いしなー・・・


もう忘れちゃったのかなー








----つづく。






にほんブログ村 介護ブログ レビー小体型認知症へ
にほんブログ村



認知症ランキング


無理やり散歩に出かけさせ、大掃除。


布団を干し、シーツは全て洗い
まだかぶっていたであろう毛布を洗い、ベランダへ。

毛布以外にも
肌着や上着がそこらじゅうに放置されています。


認知症の人は寒がるってホントなんだ・・・


でもエアコンなくても大丈夫だった時期とは言え、
さすがに毛布や上着は不要でしょ。


母に確認しながら数年着ていない服は処分することに。


元々なんでも溜め込む父。

「捨てる」なんてことはほぼしません。

チラシも溜め放題、ペットボトルにも何かよくわからないものが入っていたり
放置するとゴミ屋敷になるタイプだなーと昔から思っていました。


半面、母は何でもかんでも捨てるタイプ。

捨て過ぎて「ない、ない。」をこれまた昔から聞いていました。


布団の上にダウンジャケットをかぶせて寝ているようで、
これは熱中症の危険もあるので破棄。

タンスの中のダウンジャケットや上着なんかは
また出してかぶられても困るので他の部屋に移動。


汚れた下着も隠したりしているので全て破棄。


謎の金具、謎のメモ(古すぎて書かれている字が薄くなりすぎて読めない。)
もう理解できないであろう辞書、雑誌、いつのかわからないほど古い新聞、
チラシ、何十年も前の服が大量・・・

老眼鏡だけで10個近く。

何十年も前の履けない靴。


怒るだろうなーと思いつつもケガの元になるものもあるし、
布団に毛布、その上に服を大量にかぶせて寝ているんだから
熱中症で死にかねない。


ゴミ袋にして8袋の使わないものが出てきました。


片付け終わり、父が帰ってくるのをマンションの非常階段から見守り
そのまま帰宅。


きっと会うと何か言われるから。


その日の夜。

憂鬱になりながら食事を持って父の元へ。


・・・あんなに片付けたのにもうテーブルの上は散らかし放題。

またたばこ吸ってるし。


ガタガタ片付けていると、

「お母さんか!?」と大声で聞いて来ます。


んな訳はない・・・と思いながら、
「違う。」とだけ一言。


このやり取りはこの日から始まりました。


答えるのさえ嫌で・・・

父「お母さんか!?」

私「・・・」無言で片付ける。

父「お母さんか!???」とドンドン声が大きくなっていきます。


否定する日もあれば、話したくもなくて無言を貫く日も。


数回聞いて来てそれでも無言を貫き父が諦める日も。
反対に答えるまで聞いてくる日も。


申し訳ないけど、しんどいんだよ。

ってか、返事ない時点で母じゃないのはわかるでしょ、と。


・・・わかんないのかな。


認知症のせいなのか、元の性格なのかわからない。
元からこんな人だったけど。


この日は物が捨てられていることに何も触れられず。

いつ言われるんだろうとヒヤヒヤしていましたが、
結局数日たってもそれに対して聞かれることはありませんでした。


気付かなかったのかしら。






----つづく。






にほんブログ村 介護ブログ レビー小体型認知症へ
にほんブログ村



認知症ランキング


徘徊、拾いたばこ、部屋の汚さ・・・

疲れ切ってしまい、ショートステイをお願いすることに。


ちょっとでいいから現実逃避したい。
ご飯の心配とたばこの火の不安を考えなくていい日を過ごしたい。

そう思って4回目のショートステイ。


その日、母と家の中を掃除をしようと仕事を休みました。


当日。

母に会わせるとまた甘えて母に八つ当たりするので
母はこっそりと自分の部屋に逃げ込み、待機。


逃げるのを防ぐために当日まで言わず、当日朝・・・


「いつも行ってるところで1泊してきて欲しいねん。
大掃除するから。
部屋中、ほこりも溜まってこんなに汚くて不衛生すぎる。」


「たばこ拾って吸ってるんやろ?
部屋の中で吸い歩いてるやろ。床灰だらけになってて汚い。」

そう伝えると、


「行かん、行かん!」
「俺はひとりで何でもできてる。」


まだ言うかー・・・



「何がひとりでできてんの?
寝てるだけで、ご飯は持って来てもらって、
あとはたばこ拾いに出てるだけの生活してて
どこがひとりでできてんの?

家賃も水道代も私が振込してるからここに住んでられてるんやで?」


イライラが溜まりに溜まり過ぎていて
理解できないだろうけどまくし立てて言うと、

「うるさい!うるさい!
行かんもんは行かん!
お前はごちゃごちゃうるさい!」


と、物を投げ暴れ始めました・・・


そういうところは元気なんだな。



あー。
もう今日は行かない気だ・・・


当日キャンセル勿体ない・・・


でも折角仕事休んでまで時間取ったのに掃除くらいはして帰らないと。



とりあえず、当日キャンセルの電話をすると、
「もしかすると食事代の料金はかかるかも知れないけど、
それ以外はかからないようにしておきますね。」

と、言って頂けひと安心。


だってここのショートステイ、1泊6000円以上掛かってるから。

行かないのにその料金が必要ならさすがに行って欲しい・・・と思ってしまう。


親不孝だろうなー
でもそれだけのことされてきたしな。

毎回毎回その気持ちがせめぎ合う。



母は自分の部屋に籠って父が出かけるの待ってるし。



はぁ・・・


私「行かんのはわかったから、散歩でも行ってきて。
掃除したいねん。」


父「いや。」


・・・コーイーツーーーー!!


私「このまま居てたらいつも迎えに来てる人来るけど?
そうしたら行かなあかんようになるだけやけど。

自分で断りや。知らんで。」


父「・・・」


迎えに来る人は男性で物腰の柔らかい人です。
基本、父は他人には丁寧に喋るのですが、
相手が男性なのもあるせいか、きっと自分で断るのは嫌がるだろうと思い、
キャンセルしたあとですがそう話しました。


私「自分で断るの嫌ならさっさと用意して散歩してきて。もう来るで。」


そこからは早かった・・・

着替えてさっさと出かけて行きました。

よっぽど行くの嫌だったんだなー・・・



母と二人で大掃除開始。



枕の下から、ベッドの下から出るわ出るわ・・・
色んな種類のたばこの吸い殻と数個のライター。


見ると脱いだ服の上にもたばこの吸い殻。

母の部屋のテーブルにも吸い殻。


何してんだコイツ。


あれだけ拾うなと言っても全く何も聞いてない。

ま。元から人の話しなんて聞かないけど。


何度注意しても人んちの壁に立ちションしたり、
たばこはポイ捨てするし、他人が嫌がるとか、どう思うかなんて
一切考えない人だしね。
私の中ではモラルなし、犬以下のマナーの人間だと思ってる。

どう育ったらこんな大人になるんだ?
老害という言葉が当てはまることしかしてないけど。


それにしても、このたばこの数は危険すぎ。


拾うなと、拾ってるの見たら病院行ってもらうと話したせいで
隠すこともし始めてる。

全然隠せてないけど。
拾った吸殻は隠す、でもその後に自分が吸ったものは隠さない。

だからバレるんだけど。
そこは理解できてないんだろうなー






----つづく。






にほんブログ村 介護ブログ レビー小体型認知症へ
にほんブログ村



認知症ランキング

このページのトップヘ